底無BITCH

ぐでぐで女子高生びっち。3年。日々てきと。グンマ

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 相対的世界。

ひとつ悩みがある
でもそれより遙かにでっかい悩みが出現する
そしたら最初の悩みなんてへっちゃらになる。

小学校のとき、注射する機会があると
「注射の針より強くつねればいたくない」
とかゆって
つねり合ってる奴とかいたけど、
それもあながち言えてたんだなぁ

例えば大学に落ちてしまったら、
とゆう自分の心配事にこもるとき
考えてみる。

もしそのとき予期せずに彼氏とヤッて妊娠した、
とかゆー問題がおきたら
大学に受かるかうかんないかなんてことに悩んでられた自分を
あたしはうらやましく思う。

だけど例えば
レイプされて妊娠したときを想定したら
すきな人の子を生む方が何倍マシか。
ってあたしはうらやむ。

だけどそのレイプに抵抗して殺されそうになるとき
あたしは子供でもなんでも生んだ方がマシ。
ってうらやむ

だけどもし
大学も受かって
彼氏とも順調で
レイプなんて無縁で
そんな生活送ってるある日
自分が末期癌で
あと一年しか生きれないって
なったとする。極端だけどね
自分のわずかな命を思いながら
自分の死を悲しむ家族や友達や恋人を思いながら
つらい治療に耐えながら
毎晩ひとりで
恐怖に泣き暮れる人生を
送ることになったとする。

そしたらあたしは
大学に落ちる人生も
彼氏の子を身ごもっちゃう人生も
レイプ犯の子を身ごもっちゃう人生も
レイプ犯に殺されるまでの30分間の恐怖も
そんな人生より選びたいって思うよ

ふつうに生きれるんだよ
ふつうに歩いて
ふつうにしゃべって
ふつうに笑って
ふつうに走って
ふつうに振り向いて
ふつうにキスして
ふつうに読んで
ふつうに聞いて
ふつうに味わって
ふつうに痛がって
ましてや
ゆたかな日本
生きれるってことが
どんなに幸せなことか

それは生きれなくなってからじゃなきゃ
わかんない。

逆にいえば
「マシ」なんてゆうけど
そんなのなんもしらないだけで
知らないから「マシ」なんてゆうんだよ

「あたしって浮気は絶対できない人だからぁ」
なんてゆう奴がいても、
それはできないんじゃなくて
したことがないからゆってるだけだ。
ってこと。

だけどそんなのわかんない。
自分の苦しみしかわかんないし
自分の苦しみについてしか考えない。
それは自分がその自分だからで、
自分がその苦しみをかかえる誰かじゃないからだ。

だから夢なんてね
健康にいきておばあさんになれれば
それでいいんだよ。
なんてみんながそんなこと言い出したら
いろんな世界が
まわるのをやめてしまうんだけどね。。

みんな
未来がくるのを前提にして
話をしてる
未来がくるのが当たり前って
こんなにも簡単に信じてる
それってすごいことだけど
普通になりすぎてる

夢に悩めるのは
充分幸せな夢だ。
夢を思い描いて
それを実現できる
体があって
体が生きてるって未来を
信じれるんだよ?
信じてるってことだよ?
充分じゃないか
充分な希望じゃないか

そんなこと考えてたら、、泣けた。。
頭おかしーよねー
あたし
生きれないみたいじゃんね。。笑
スポンサーサイト

コメント

これ読んで、生きることについてもっと考えてみることにしました。ぺこん

これ読んで、生きることについてもっと考えてみることにしました。ぺこん

わ~嬉しいコメント♪すごい感情的なエントリーですが。。
でも一年後に自分死んでると仮定して生活してみたんだけど「あ、そんときあたし死んでんじゃん」って思っちゃう機会って意外に多いんね。。そしたら1日の大切さがひと味違ったよ。。ぜひお試しあれ♪笑
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chipspheno.blog44.fc2.com/tb.php/29-c31db791

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。